ブログトップ > ルミナス > スチールラックの転倒防止対策をするなら、このパーツ!

スチールラックの転倒防止対策をするなら、このパーツ!

こんにちは!フロアーズスタッフのタケです。

さて、皆さんスチールラックの転倒防止対策は万全ですか?
日本に住んでいる人ならいつも身近にある「地震」ですが、日常の中ではちょっと忘れがちですよね。今回は、ルミナスのスチールラックに使える転倒防止パーツや、落下防止パーツをご紹介したいと思いますので、この機会にスチールラックの地震対策を考えてみましょう!

これが重要「延長突っ張りポール」

ご家庭では、幅60サイズ幅75サイズ程度のラックを使われることが多いかと思います。コンパクトなサイズなのでご家庭内の小さなスペースに置きやすく便利な反面、高さがあると横揺れに弱く転倒しないか少し不安な方もいらっしゃるかと思います。

そこで便利なのが「延長突っ張りポール」。こちらはルミナスの基本ポールに突っ張りの機能を追加できるパーツで、ラック転倒防止の必須アイテムなんです!取り付け方もネジ式で簡単に連結可能です。

ルミナス延長突っ張りポールの取り付け方法


まず、基本ポールの上部にある黒い樹脂製のキャップを、マイナスドライバーの先などをねじ込んで外します。


キャップを外すと、連結用の「ねじ切り」があるので、延長突っ張りポールと基本ポールをまっすぐに合わせた状態にして、ねじ込んで連結します。


伸縮部分のポールを伸ばし、接地面が天井に付いたら接地面を天井に軽く押し付けながら固定します。※この時点では、まだ突っ張っていません。


上部のネジを締めることで突っ張ることができるので、この時にしっかり締めて固定します。

がっちり固定。段差のある天井でも大丈夫。

設置したポールをつかんで揺らしてみてもびくともしません。突っ張りをプラスするのとしないのとでは強度は明らかに違い、不安定だった上部の棚に物を置いても安心できるようになりました。

天井に段差があるときでも大丈夫です。
天井の高さに合わせて伸縮すれば、しっかり固定することが可能です。
もし、段差が大きいときは段差のサイズに合わせてサイズ違いの延長突っ張りポールをそれぞれ連結すれば対応可能です。

おすすめの「25mm 延長突っ張りポール」

[25mm] 長さ47~74cm 2本

円(税抜)

[25mm] 長さ62~100cm 2本

円(税抜)

[25mm] 長さ96~165cm 2本

円(税抜)

おすすめの「19mm 延長突っ張りポール」

[19mm] 長さ47~74cm 2本

円(税抜)

[19mm] 長さ62~100cm 2本

円(税抜)

[19mm] 長さ96~165cm 2本

円(税抜)

合わせて使って効果UP「円形アジャスター」「三角プレート」

転倒防止に必須の延長突っ張りポールと合わせて使いたいのが、「円形アジャスター」もしくは「三角プレート」です。このパーツを使うメリットとしては、突っ張ることによってかかる床への負担を軽減させること。そして、大きい面積で足下を支えることによってラックの安定感が増すということです。

円形と三角形、どちらの形状を選ぶかはそれぞれの特徴によって決めるのが良いかと思います。それぞれの特徴は次の項目をご覧ください!

円形アジャスター

床の負担を軽減して、ラックの安定感も増したいなら「円形アジャスター」がおすすめです。
標準アジャスターの2倍以上もあり、床との接地面積が大きいからラックをしっかり支えてくれて安定感抜群です。また裏面は床を傷つけにくいポリプロピレン素材だから、フローリングに設置する際も安心です。

ただ、円形アジャスターを使う際に一点注意なのが、ラックを二台並べて設置する際ラック同士に少し隙間が出てしまうこと。それを回避したい場合は、次にご紹介する「三角プレート」を使用するのがおすすめです。

三角プレート

ラック同士を並べるときに、できるだけピッタリ近づけて並べたいときに使いたいのが「三角プレート」。円形アジャスター使用時に生じていた隙間を、三角の形状がうまいこと解消してくれてラック同士をピッタリくっつけてくれます。

ラックを部屋の隅に設置する際も、角にピッタリくっつけられるので、スペースを余すことなく使えるんです!複数台並べて使いたい場合は、一つ一つの隙間は小さなものでも重なると大きな隙間になるのでできるだけスペースを節約したい場合は、三角プレートがおすすめです。
用途に合わせて足下パーツの付け替えを検討してみてください!

おすすめの「円形アジャスター」

[25mm] 円形アジャスター 1個

円(税抜)

[19mm] 円形アジャスター2個

円(税抜)

おすすめの「三角プレート」

[25mm] 三角プレート 2個

円(税抜)

[19mm] 三角プレート 2個

円(税抜)

横揺れ防止なら「ワイヤーバー」

さらに補強するなら、ワイヤーバーの使用がおすすめです!
2本のポールをがっちり固定してラックのグラつきを防止し、さらにラックの端に置いた物品がこぼれ落ちるのを防止するので、本やファイル、書類系を収納する場合は、必須のアイテムです。

 

また、フックなどと合わせ使いすれば、便利な物掛けとしても利用できます!

おすすめの「25mmワイヤーバー」

[25mm] ワイヤーバー 幅/奥行46タイプ用

円(税抜)

[25mm] ワイヤーバー 幅/奥行60タイプ用

円(税抜)

[25mm] ワイヤーバー 幅35タイプ用

円(税抜)

おすすめの「19mmワイヤーバー」

[19mm] ワイヤーバー 幅/奥行35タイプ用

円(税抜)

[19mm] ワイヤーバー 幅30タイプ用

円(税抜)

[19mm] ワイヤーバー 幅75タイプ用

円(税抜)

物品の落下防止なら「サポート柵」

補強よりも落下防止を目的とするなら、「サポート柵」がおすすめ。
シェルフの外枠部分に差し込むように取り付けるだけで、ちょっと不安だった際や、最上段の棚まで安心して物を置けるようになります。

落下防止として使うなら、「ワイヤーバー」と「サポート柵」どちらがいいか迷ってしまう方という方は、以前このブログでもご紹介した、落下防止に便利なパーツを徹底比較した記事を見ていただくのをおすすめします。
▼「ルミナスの落下防止用パーツ、結局どれがいいの?徹底比較!」
https://perfect-floors.jp/blog/luminous/20200226/

おすすめの「25mm サポート柵」

[25mm] サポート柵 奥行35タイプ用

円(税抜)

[25mm] サポート柵 奥行/横幅46タイプ用

円(税抜)

[25mm] サポート柵 横幅/奥行90タイプ用

円(税抜)

おすすめの「19mm サポート柵」

[19mm] サポート柵 奥行30タイプ用

円(税抜)

[19mm] サポート柵 奥行20タイプ用

円(税抜)

[19mm] サポート柵 奥行30タイプ用

円(税抜)

最後に

いかがでしたでしょうか?
バリエーション豊富なパーツを組み合わせて使うことで、スチールラックをもっと丈夫に、そして便利に使うことができそうですよね。

まだラックを持ってないけど、買うなら突っ張り機能を付けたい・・・という方向けに、当店では延長突っ張りポールと通常のラックがセットになった、突っ張りラックのお取り扱いもございます。
ちょっと見てみるだけでも構いませんので、ぜひ当店の販売サイトにご来店ください!

それでは、ここまでお読みいただきありがとうございました!

▼突っ張りラックの一覧ページはこちら!▼

ルミナスの突っ張りスチールラックはこちら

関連するタグ