ブログトップ > スチールラック > スチールラックは銀だけじゃない!黒やカラーのおしゃれラックご紹介

スチールラックは銀だけじゃない!黒やカラーのおしゃれラックご紹介

スチールラック ブラック

こんにちは!皆さん、スチールラックは銀だけのイメージがありませんか?
もちろん、銀のスチールラックは様々な用途に合わせて大活躍するラックです。

しかし、銀だけでなく、黒やカラータイプのおしゃれなラックもあることはご存じでしょうか?
黒やカラータイプのラックはお部屋の雰囲気が一気におしゃれになるので人気があります!

実はスチールラックは、様々なカラーを取り揃えています。
カスタマイズできるオーダーメイド仕様のものあったりとDIYに挑戦してみたい方にもおすすめです。

今回は、そんなスチールラックで黒やカラータイプのおしゃれなラックをご紹介していきます!

スチールラック界の2大ブランド【ルミナス/エレクター】

ルミナスラックの画像 エレクターラック

ポールと棚板を組み合わせて作る、組み立て式のスチールラック。ホームセンターなどでもよく見かけるかと思いますが、この「スチールラック」の2大ブランドをまずはおさえておきましょう!
ルミナスとエレクターです。

それぞれ、詳しく解説していきます!

スチールラックといえば【ルミナスラック】

スチールラック「ルミナス」は1994年に誕生しました。
そこから25年以上、ルミナスシリーズは常に進化と挑戦を続け、ユーザーの視点に立って商品開発に努めています。
常に業界を牽引し、今では国内のスチールラックシェアでNO1ブランドになりました。
ルミナスシリーズは当初から設計から生産まで一貫して管理するシステムを取り入れ、品質保証の国際規格ISO9002を同業界で初めて取得しています。
そのため、いつどこで生産された商品でも、常に同じレベルの規格・品質を保っています。

ルミナスで今注目を集めているのはデザイン性が高いインテリアラックです。
シックなお部屋を彩るブラックラックから、キッチン・ランドリー周りに適した北欧風ホワイトラックなどが注目されています。

今回はルミナスシリーズからは、「ルミナスブラック」「ルミナスノワール」をご紹介します。
シルバーラック以外でスチールラックをお探しの方の参考になれば幸いです。

世界中で愛されているブランド【エレクター】

続いて、「エレクター」です。
エレクターシェルフの起源は、1955年米国インターメトロ社によって開発された厨房の業務用シェルフに始まります。
1966年から、日本でも発売以来、ホテル・レストラン・ショップ・病院・工場など、様々なプロフェッショナルから愛され続けるのがエレクターシェルフです。
プロから愛される理由は、シンプルなデザイン性、サビに強い耐久性、システムや拡張性など高い品質により信頼が集約されているブランドです。

そして1994年、さまざまな業界の多くのプロから選ばれ支持され続けているエレクターシェルフの高い品質はそのままに、家庭での使いやすさとインテリア性を追求した「ホームエレクター」が誕生しました。
そのシンプルなデザインと不変性、耐荷重性、使いやすさは世界中のユーザーから支持され愛されるブランドに成長しました。
今回エレクターシリーズからは、「ホームエレクターレディメイド」「ホームエレクターサイズ&カラーオーダーメイド」をご紹介します。

今回はこの2大ブランドのシリーズをメインに紹介していきます。
まずは、ルミナスラックからご紹介していきたいと思います。

重すぎないメタリックブラックで空間を彩る「ルミナスブラック」

「おしゃれなスチールラックってあるのかな?」

こんな方におすすめなのが、「ルミナスブラック」です。
ルミナスブラックはブラックニッケル塗装で艶のあるブラックを実現しています。
そのため、重くなりがちな印象の黒を”スタイリッシュ”な黒にすることにより空間に馴染みやすくなります。
部屋全体も落ち着いた印象になり、大人っぽい雰囲気のお部屋にイメチェンできます。

ルミナスブラックのラック画像
ブラックを入れることによりスタイリッシュな印象に
ルミナスブラックのラック画像
本やオーディオなどの小物とも相性抜群!

「ルミナスブラック」のココがポイント

ルミナスブラックのポイントは、銀のスチールラックでは出せないスタイリッシュな空間の演出が可能になるということ。
ワンランク上のおしゃれな大人の部屋にしたい人には是非、必見のアイテムです!
初心者の方でも、コスパも良いので安心して使って頂けます。

発売当初からトップ人気を走り続ける「ルミナスノワール」

「スチールラックはたくさんありすぎて、結局どれを買えばいいの?」

こんな方におすすめなのが、「ルミナスノワール」です。
ルミナスノワールの特徴は、落ち着いたヴィンテージブラックにあります。
マット感のあるツヤ消しブラックで、お部屋をシックに彩ります。

凹凸のあるハンマートーン(ハンマーで叩いたような)塗装でヴィンテージ感を演出します。
重たいブラックではなく、ブラウンカーキがかった絶妙な黒です。
ルミナスブラック」とはまた違った、高級感があります。

ルミナスノワールの画像
2面使いの壁面収納にピッタリ
ルミナスノワールの画像
ルミナスノワールで統一するとヴィンテージ感のあるお部屋に

「ルミナスノワール」のココがポイント

ルミナスノワールのポイントは、落ち着いたヴィンテージブラックによるシックなスタイル。
パーツを組み合わせて、オリジナルカスタマイズができる。
約40種類ものパーツが取りそろっているのでDIYなどにもおすすめです。
さらに傷がつきにくく、サビにくい塗装が施されています。

プロに支持されてきたクオリティに家庭での使いやすさとインテリア性を考慮した「ホームエレクターレディメイド」

「頑丈でさらにインテリア性のある使いやすいラックってあるのかな?」

こんな方におすすめなのが、「ホームエレクターレディメイド」です。
エレクター社のエレクターラックは、世界中で評価されているアメリカ発のブランドです。

厳しい品質管理を実施している高級ラックブランドで、業務用ラックの代名詞となっています。

そのエレクターシリーズの中の「ホームエレクターレディメイド」は、業務用エレクターのクオリティを残しつつ、家庭での使いやすさとインテリア性を考慮して作られたホームエレクターです。
重いものをおもいっきり乗せたいたいけど、デザイン性に欠けてしまっていた問題を一気に解決したスーパーなラックです!

ホームエレクターレディメイド、ブラックラック
ブラックカラーのスチールラックは高級感があります
ホームエレクターレディメイド、ホワイトラック
ホワイトもありインテリア性と頑丈さも兼ね備えている!

「ホームエレクターレディメイド」のココがポイント

ホームエレクターレディメイドのポイントは、銀のスチールラックでは出せないスタイリッシュな空間の演出が可能になるということ。
ワンランク上のおしゃれな大人の部屋にしたい人には是非、必見のアイテムです!

全8色、47,344サイズから自分好みのラックを作れる「ホームエレクター サイズ&カラーオーダーメイド」

「せっかくだから自分だけのオリジナルのラックを作ってみたいな!」

こんな方におすすめなのが、「ホームエレクター サイズ&カラーオーダーメイド」です。
カラーは全部で8色から選べて、サイズはなんと47,344サイズという超豊富なバリエーション。
「ホームエレクターレディメイド」が既製品販売であることに対して「ホームエレクター サイズ&カラーオーダーメイド」はご注文を受けてから生産するオーダーシステムとなっています。
まさに自分だけのスチールラックを手に入れることができます。

ホームエレクターサイズ&カラーオーダーメイド画像
カラーも豊富に揃っていてサイズも自分でオーダーできます

「ホームエレクター サイズ&カラーオーダーメイド」のココがポイント

ホームエレクター サイズ&カラーオーダーメイド」のポイントは何といっても豊富なカラーバリエーションです!

色1つで部屋の雰囲気を変えることができるので、自分の好きな色を組み合せたりできるのは「サイズ&カラーオーダーメイド」だけです。
全8色、エレクターの職人によるこだわりのカラーリングが絶妙な色合いを出しています。
ホームエレクターサイズ&カラーオーダーメイド画像
全8色のカラーバリエーションです。

    • 半艶仕上げのアイボリー
    • ミストホワイト
    • ライトグレー
    • 都会的な高級感漂う艶感仕上げのクローム
    • ダークレッド
    • ブラウン
    • ネイビー
    • マットブラック

おわりに

ラック画像
ここまで読んで頂きありがとうございます!

いかがだったでしょうか?
今回は「スチールラックは銀だけじゃない!黒やカラータイプのおしゃれなラックをご紹介」という記事で書きました。
スチールラックは今ではブラックやおしゃれなカラーラックが注目されています。

インテリア性があり、耐久性もあるルミナススチールラックとエレクターラックを今回はご紹介しました。
まずは自分がどういうインテリアにしたいか、イメージして頂いてからこのサイトの商品を見て頂ければ幸いです。
今回、ご紹介した「ルミナス」と「エレクター」の2大ブランドは品質、デザイン性、耐荷重性のいずれも高い信頼とブランド力があります。
その中から、スチールラックの今後の汎用性などを考えるとインテリア性に富んだカラーラックの需要は伸びていくと考えられます。
それでは、最後まで読んで頂きありがとうございました!

関連するタグ